根本治療が可能な自毛植毛

少量でも自毛が残っていればチャレンジできる

AGAの治療には、多種多様なタイプが存在しています。もしも、ほんの少しでも自毛が残っている場合には、自毛植毛を選びましょう。自毛植毛は、数あるAGA治療の中でも根治の可能性が特に高いです。AGAが進行している箇所に髪の毛を移植することによって、再び髪の毛が生えるチャンスを望めます。人工の髪の毛など、異物を体内に埋め込まないため、身体が拒否反応を起こしにくいです。但し、自毛植毛の手法ごとに術後の経過が異なります。せっかく植毛の手術を受けたものの、傷跡が目立ち、一生涯にわたってコンプレックスを持つケースもあります。自毛植毛を検討した際には、どのような手法が存在しているのか確認しましょう。情報を集める中で、精神的・身体的な負担が少ない手法を見つけられるはずです。

治療するクリニックの実績を把握しよう

自毛植毛の手法は、非常に複雑です。そのため、優れた性能の機器と共に、経験豊富なドクターが揃っていなければ、自毛植毛の成功確率が低いです。クリニックの中には、ロボットに複雑かつ繊細な作業を任せている場合があります。最先端技術の進化に伴い、ロボットは作業の精度が向上しています。しかしながら、人間のような手指の感覚を持っていないため、採取するべき毛包が見極められない危険性を否めません。それゆえに、ロボットよりも医師による手術のほうが安心安全に受けられます。通院を開始する前に、公式ホームページにアクセスし、ロボット・医師、どちらが手術を担当しているのか確認しましょう。担当医の顔写真と経歴、メディアに紹介された実績を公開している専門クリニックは、AGA治療の一助となる可能性大です。