AGA治療の基本は内服薬による治療

セルフケアでは対応が難しい薄毛がAGA

AGAになったら生活の見直しをして、育毛剤を使用すれば改善すると思うかもしれません。確かに初期のAGAであればセルフケアで進行を遅らせることはできますが、多くの人は髪が明らかに減ったと感じるようになって初めて対策をしています。年齢に見合った髪のボリュームを維持している人なら問題ありませんが、年齢の割に少ないと感じる場合は注意してください。すでにAGAを発症している可能性が高く、この場合は育毛剤では治療が難しいです。AGA向けの医薬品の発毛剤は比較的効果が高いですが、薄毛を遅延させる目的で使用されることが多いです。発毛をさせるためには市販の医薬品やサプリでは対応が難しいため、AGA治療の専門クリニックで治療を受けてください。

なぜ内服薬による治療が必要なのか

AGAを改善して髪を生やすためには、ヘアサイクルのメカニズムに働きかけていく必要があります。具体的には男性ホルモンの作用を抑えて、ヘアサイクルを整えることが大切です。AGAになると髪が成長する期間が短くなるので、髪の成長期を長くする対策が要になります。髪の成長を妨げる正体は男性ホルモンですから、これを抑える内服薬が必要になるのです。医薬品の発毛剤によるAGA治療が難しいわけは、男性ホルモンを抑制する作用がないためです。頭皮の血行促進や地肌の健康維持には役立ちますが、脱毛の引き金となる5αリダクターゼを抑制することはできません。そのためAGAの専門クリニックでは内服薬による治療を基本とし、頭皮状況に合わせてミノキシジルなどの外用薬を併用していくのです。