発毛を促進させる外用薬治療

気軽に対策できるのが外用薬治療

AGAだと自覚してすぐに医療機関で検査を受けるという人は少なく、多くの人は市販の発毛剤による外用薬治療から始めています。育毛剤と呼ばれるものは化粧品や医薬部外品であり、外用薬の場合は医薬品の発毛剤になります。医薬品には一般用医薬品と医療用医薬品があり、前者はドラッグストアや薬局で簡単に入手できるのが特徴です。日本で唯一発毛が認められている外用薬はミノキシジルで、市販品では濃度5%まで認可されています。これを1日2回頭皮に塗布し、頭皮状態を健全にしていくのです。AGAを発症すると皮脂分泌が増えたり、頭皮の血行不良が発生したりします。これらを抑制していくことがAGA予防の要であり、抜け毛を減らすことにつながります。

外用薬治療により期待できること

発毛剤による外用薬治療を続けると抜け毛が減っていきます。好転反応が発生して一時的に抜け毛が増えるという人もいますが、次第に収まっていくので問題はありません。AGA治療をするなら髪を増やしたいと考えるはずですが、髪を守るだけでも大きなメリットがあります。確かに髪を増やすことこそが発毛ですが、発毛を促進させてもそれ以上に抜けていれば結果的に薄くなっていきます。今ある髪を減らさないことも大切であり、抜け毛防止と発毛対策を並行していくのが理想的な方法です。ミノキシジル配合の発毛剤は濃度によって実感できるまでの期間が異なります。濃度1%だと6か月の使用、濃度5%だと4か月の使用が必要になってきます。医療用医薬品のミノキシジルの場合は5%を超える濃度が用意されています。